IMG_0773-2.jpg

2017-08

福島の被災保護犬・猫が殺処分 - 2012.09.05 Wed

本日は、自由研究を一時中断して・・・(笑)
しばらく前から、気になっていたことがあったので 



東日本大震災から1年半

大変な出来事だったのは、誰しも忘れません

が、

あの時の、悲惨な光景に涙した気持ちは時間と共に薄らぎ
復興への希望へと、安堵感すら感じてはいないだろうか・・・?


福島で被災保護されている犬たちが、殺処分されるそうです

え?
被災犬は、処分されないと聞いていたが・・・?
被災犬のために、義援金を寄付した方も大勢いらっしゃるのでは?

飯舘村は被災犬の扱いが解除され、そこで捕獲された犬たちは
(これから捕獲される犬 ではなく 今まで捕獲、保護されていた犬すべて)
殺処分の対象なのだそうです
今後、次々に解除され、殺処分の対象に
次の対象は、相馬の方だとか・・・
年内には、相当数が処分される見込みらしい

今までも、収容数を超える時には
野犬化した犬、体調の悪い犬、などを優先に処分を行ってきたのだそうだ


現在、
『福島殺処分対象犬猫救済プロジェクト』
を立ち上げ、1頭でも多くの犬猫を救おうと
頑張っている有志の方々がいらっしゃいます

飯舘村の処分対象の犬は、福島殺処分対象犬猫救済プロジェクトの方によって
引き出されるようです
内容はコチラに載ってます → 君の朝 (福島殺処分対象犬猫救済プロジェクト)

他には、純血種(らしき犬)や子犬は、早めに譲渡が決まっているようです


以下転記

この子たちの行き先は決まっておりません

メンバーの名において引き出し 移動 預かりの
運びになる計画であっても 次の引き出しのためにも
ぜひぜひ
1頭でもいいので委託預かり 委託保護 委託里親さんをなさって下さる方を
心から募集します

この子たちに笑顔のある朝を与える協力をお願いします

記事拡散の方も よろしくお願いします


とあります



ここから先は↓ 私個人の考えることですが

原発事故による非日常的なこと
放射能汚染なんていう事は、通常、そんな知識は当然なく・・・。
長い間、汚染された地域を彷徨っていた子たち
当然 内部被曝もあるでしょう?
ケアの仕方や注意点は?
先住犬など、周りに与える影響はないのか?
「大丈夫」と言われるけど、その根拠は?

調べてみると

事故直後にペットが摂取したかもしれない放射性物質の多くは減衰、もしくは、すでにそのほとんどが尿や糞とともに体の外に出てしまっていると考えられます。
例えば、ヨウ素131の半減期(放射能が半分になるまでの時間)は8日です。すでに検出できないレベルになっているでしょう。セシウム137の半減期は30年と長いですが、生物学的半減期(体から半分の量が排泄されるまでにかかる時間)は約3カ月といわれています。1年後には30分の1程度となっています


糞尿とともに体外に排泄されるようです

とすると、糞尿の始末はどうすれば?
もう少し戻ると、その子は いつ とれくらいの放射性物質を接種しているのでしょう?

わからないことだらけ
放射能が犬やペットに与える影響は、データが無いので実際誰も解らない
放射性物質、被曝と今後どう付き合っていけばいいのか


私自身も、被災犬を受け入れられる状況ではありません

皆さんに無理に勧めるつもりもありません

が、
殺処分されないと聞いていた被災動物の現在を
知ることだけでも大切じゃないかと思い
本日、ブログに書きました

どうぞ 皆さま
もう1度、被災し保護されている動物たちのことを
心にとめてあげてください




にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ ←ポチッとよろしくね


● COMMENT ●

知らなかったです><
せっかく震災から生き延びた子達なのに殺されてしまうなんて。。。。。
記事を読みに行ってきます!!

折角 助かった命
こうして 無残な最後だけは 避けたいですか・ 
まだまだ沢山の問題がありますね ☆!

はじめまして
そうなんだ。
知らなかった
知らせてくれてありがとう
何が出来るか、考えてみるよ
みんなにも、知ってもらいたいね

Re: きょんさん

私も知らなかったです
被災動物は処分されないと聞いていましたが、
月日が経てば、方針も変わるのですね
知らずのうちに、みんな殺処分されていたでは
可哀想すぎると思いました
実際、震災、原発事故というのは、非日常的なことですから
行政のガイドラインのようなものもないのでしょう
わからないことだらけですね

Re: ランままさん

被災動物は処分されないと聞いていましたが・・・
月日が経ち、世間の記憶も薄れてきて
知らないうちにみんな処分された という話では
可愛そうです
実際に、引き取りなどの活動をされてる個人、民間の方々は
すごいですね

Re: マックスさん

はじめまして。コメありがとうございます

私も、ぜんぜん知りませんでした
被災動物は処分されないと、当時聞いていましたが
月日が経てば、方針も変わるのですね
今でも、たまに福島の保健所の
保護・譲渡動物のHPは見ていたのですが・・・
被災動物たちは、処分されて
過去のことに消し去られしまうのだろうか...


管理者にだけ表示を許可する

秋は・・・ «  | BLOG TOP |  » ふぁるこんくんの、夏休み(じゃないけど)の自由研究~2日目

ブログ村 ビーグルランキング

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

ポチッ!とよろしくね

プロフィール

わんわんママ

Author:わんわんママ
   (わんわんママ)

IMG_4194.jpg
長男 ふぁるこん♂
2004年6月17日生まれ
2004年8月13日うちの子になる

IMG_4859.jpg
長女妹 もも♀
2004年6月17日生まれ
ふぁるこんと同胎兄妹
2005年8月12日うちの子になる
飼育放棄され栄養失調だったところを保護

IMG_9033_20120119115924.jpg
次男 たろう♂
2006年1月24日生まれ
2008年8月14日うちの子になる
里親募集により、我が家が3度目の家族

IMG_8692_201407180818571a6.jpg
末っ子次女 くおん♀
2014年4月3日生まれ
2014年6月1日うちの子になる

モモ ここにいるよ

モモ2.jpg

ももを保護した時のことを 絵本にしました

あなたを信じています

たろう顔.jpg

里子だったたろう 思いを言葉にしてみました

うちの子記念日2010

うちの子記念日

2010年8月 それぞれのうちの子記念日を フォトムービーにしました

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カテゴリ

未分類 (80)
ご挨拶 (3)
日常のこと (313)
霊仙寺湖 (11)
B-SAN ガーデンギャラリー (28)
ドッグラン (14)
お出掛け (8)
病院・健康 (112)
お知らせ・ご挨拶 (9)
イベント・記念日 (50)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Shopping

奇跡の母子犬ひまわりちゃんの歌

himawarimusic.jpg

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

犬の十戒

Ten_Commanents01.gif

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

お買い物